WORLD EXOTICA


ワールドエキゾチカが、いま最も注目すべきアーティストをご紹介する音楽イベント「ビートクルーズ」。早くも第2弾の開催決定!

今回のPICK UPアーティストは永積タカシ(ハナレグミ)、池田貴史(レキシ)等も在籍した元“SUPER BUTTER DOG”、MC Mummy-Dとのユニット“マボロシ”、椎名林檎のサポートとしても活躍する、スーパーファンキーギタリスト竹内朋康のソロアルバム・ツアーをナビゲートします。豪華すぎる超強力メンバーと共に初登場する“竹内朋康 & Friends ”のプレミアムライブは何と限定80名! 皆さまこの機会をお見逃しなく!



1997年“SUPER BUTTER DOG”のギタリストとしてメジャーデビュー(2008年に解散)。2004年、“RHYMESTER”のMummy-Dと共にユニット“マボロシ”を結成。KREVAプロデュースのレーベルコンピレーションアルバムではラップも披露。2011年、椎名純平と共に結成した“Dezille Brothers”としてデビューアルバム『だしの取りかた』をキングレコードよりリリース。また、屋敷豪太 (Dr.)、鈴木渉 (Bass)と共にギタートリオ“Fiasco 3”を結成。ギタリストとして堂本剛率いる“ENDLICHERI☆ENDLICHERI”への参加をはじめ、安室奈美恵、忌野清志郎、クリスタル・ケイ、さかいゆう、椎名林檎、Suger Soul、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDなど多数のプロデュースワークやレコーディングに参加している。2014年、ギターのみならず全ての楽器を自ら演奏した初ソロアルバム『COSMOS』をorigami PRODUCTIONSよりリリース。先行シングルとして急遽配信リリースした「Step by Step feat. Full Of Harmony」は、FM10局の9月度パワープレイをはじめラジオでの大量O.A.や、フジテレビ「テラスハウス」で発売前にかかわらず楽曲が使用されるなど大きな話題を呼ぶ。さらにアルバムリリース前にもかかわらず朝霧JAMに出演、会場を熱狂の渦に巻き込み、話題のアクトとして好評を得る。2015年、『竹内朋康 & Friends / TOUR “COSMOS” 2015』と題した全国ツアーの開催が決定。

『COSMOS』
CD \2,484(tax in)
Origami Productions OPCA-1029
竹内朋康

2003年「SUIKA」結成。2012年現在まで5枚のアルバムをリリース。2007年、ソロ活動名義“D.I.T.A.”としてNYCのハウスシンガー、Joi Cardwellとのコラボレーション楽曲「Celia/A Beautiful Life」をリリース。フランスをはじめ海外のコンピレーションアルバムにも収録される。2007年、“タケウチカズタケ”名義でソロ活動を始動。HIPHOP / SOULをベースのエレピをメインとしたアルバム『UNDER THE WILLOW -panda』、2ndアルバム『UNDER THE WILLOW-ICHIGO』をリリース。 1人でサンプラーとエレピを操る演奏スタイルでのライブ活動も行う。2010年には、レーベルメイトの小林大吾に提供した「処方箋 / sounds like a love song ft.タケウチカズタケ」がJ-wave hot 100で47位を記録する。“A Hundred Birds”では作詞作曲編曲プロデュース全般を担当している。

高校時代にリズム&ブルース、ロカビリーなどをやっていたバンドからサックスを始める。独学で続けるうちに「譜面を読めるようになりたい!」とビッグバンドに参加。その後さまざまなライブ、レコーディング、セッション、路上ライブ、小さなJazzクラブの雇われマスター等を経て今に至る。Jazz、Funk、Soul、Rare Groove など、明らかにブラックミュージックに影響を受けているが、クラシック、エレクトロニカ、現代音楽などにも惹かれている。最近では自己の活動のほか、近藤房之助、MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO、Jazztronikなどのライブ、レコーディングに参加。太くアーシーなサウンドが好評を博している。

ROOT SOULとはベーシスト、プロデューサー、トラックメイカー、エンジニア池田憲一のソロプロジェクト。2005年“ROOT SOUL”を始動。2007年「Spirit Of Love」12インチをリリース。2009年、1stアルバム『ROOT SOUL』をリリース。東京のダンスフロアを見つめ続ける男が放つ、その世界標準ソウルサウンドは、Gilles Peterson、Ashley Beedle、Patrick Forge、Jazzanovaなど世界のトップDJにプレイされ、Crossover、Rare Groove、Hip Hop、Houseなどあらゆるシーンから高い評価を得ている。沖野修也2ndアルバム『Destiny』を全面プロデュース。MURO×Zeebra「Summer In The City」のトラック制作にも大きく関わった。2015年に発売された「DESTINY Replayed By ROOT SOUL / Shuya Okino」がiTunesダンスアルバム・チャート第1位 総合アルバムチャート6位でも記録。ベーシストとしてKyotoJazz Massive、吉澤はじめトリオ、DJ Kawasaki、 Yosuke Tominagaの“CHAMP 7inch”、COMA-CHI、近藤房之助&Black Shaft、Keyco、難波弘之トリオTheHits!?に参加。またRoyAyers、Dam-Funk、The Brand New HeaviesのN'dea Davenport、Cro-Magnonなどとの共演は大きな話題となった。今年CHAMP RECORDSより7inch『Amplification Pt1&Pt2』をリリース。ホーム渋谷“THE ROOM”にてスキルとバイブスの等価交換イベント「ROOT SOUL presents EXCHANGE」を毎月開催。そして現在 待望のセカンドアルバムを製作中。
http://ameblo.jp/rootsoul

1983年生。日本が世界に誇る若手ファンク・バンドの旗手、“Montain Mocha Kilimanjaro”のドラマー。ヘヴィウェイト・ファンクの原動力。ロックの攻撃的アプローチと、ファンキーなブレイク作りの融合で見い出した独特のグルーヴは海外からも評判が高い。近年ではDJ.トラックメーカーYOSUKE TOMINAGAの作品群でもその強烈なドラムブレイクを披露している。バンドで国内外の多くのライブをこなす傍ら、セッション、レコーディング、バックミュージシャンとしても活躍中。今最も注目されるファンク・ドラマー。
http://kilimanjaro.jp

手習い始めはピアノから。現在まで続く音楽浴はそれ以来。学生時分はバンド活動に勤しみ、さまざまな経験を積む。2000年、シングル「世界」でメジャーデビュー。その音楽観、歌声、佇まいにより、「夜」や「都会」のイメージがあるが、当人は昼も郊外も好む至ってニュートラルな人間。ライブこそがホームグラウンド。近年水際立った演奏やボーカルにますます磨きがかかる。

ワールドエキゾチカ監修によるバンド・プロジェクト第2弾は「秘宝のソウルミュージック」。徳島を代表するミュージシャンが集結し、ソウル黄金期を彩るメロウスウィートな選曲でお届けします。

徳島ソウル界の帝王“大小”を中心に結成されたバンド“DAISHOWS”。
'60-'70年代のSoul Classicsを中心に、バラード~ファンキーミュージックまで幅広い楽曲を得意とする。魂あふれる高いパフォーマンスは、常に地元ブラックミュージック・シーンをリードし続けている。


Archive 
2015① 
2014 
2012 
2011 
2010

Copyright (C) WORLD EXOTICA 2015. All Rights Reserved.