徳島から発信する音楽とライフスタイル ワールドエキゾチカ 2016

  • ソウル・フラワー・ユニオン 中川敬 独占インタビュー

    2016.06.11(sat)

    先日、徳島初の単独公演が記憶に新しい「ソウルフラワー 中川敬」氏への独占インタビューを敢行!(徳島某所にて)

     

    使用1

     

    —中川さん、ライブお疲れ様でした。徳島のお客さんの雰囲気はどうでしたか?
    中川:  全国で5本の指に入るくらいよく声が出るなと。(笑) 結構、博多が声出るんやけど、それに続くくらいみんな歌うなって。嬉しかったよ。地方のお客さんはシャイな人が多くて、<満月の夕>のサビ、「(唄が聞こえる) イヤサッサ!」が出てこない。今日はちょっと、徳島にグッときた。

     

    —ところで、生誕半世紀祭ということで、50歳になっての心境をお聞かせ下さい。
    中川:  実のところ、何もめでたくなくて… 別になりたくなかったです。(笑) ビックリするよね、俺50!?って。ジョン・レノンの10歳上。(笑) 10代の頃に音楽雑誌『ミュージックライフ』で「ミックジャガ-38歳、ツアーの前に毎日8キロ走る」っていう記事を見て、「38歳のおじいさんがロックやってるの?」って思った。(笑) 120歳まで生きる予定なんで、「あと70年ある」っていう具合に気持ちを切り替えて生きていきます。(笑)

     

    —その50歳としてこのツアーの意味は?
    中川:  そんな深い意味はないよ。十進法は使えるなって思っただけ。(笑) 一応みんな笑顔で「おめでとう!」って言ってくれるから気分もいいし。ただ、ツアー・タイトルが『生誕半世紀祭』ってことになるのであれば、そこはちゃんとやろうと。山口百恵とかいしだあゆみとか、自分が子供の頃に好きやった曲をカヴァーしたり。あと、自分の過去のアルバムの中の曲を今一度掘り出してみたり。そういう時期にしようかなと。

     

    使用3

     

    —話は変わりまして阪神淡路大震災、東日本大震災の被災地を回って出張ライブを行っている中川敬さん、自分が出張ライブに行く前と行った後の気持ちについてお聞かせ下さい。
    中川:  27歳までニューエスト・モデルを約9年間やって、ソウル・フラワー・ユニオンになって2年ぐらいの時期やった。「時代」っていうのもあったと思うけど、ソウル・フラワ-・モノノケ・サミットの被災地出前ライヴをやるまでは、「アートをやってる」っていう感覚が強くてね。「分かる奴に分かればいい」っていう感じ。ところがいざ避難所や仮設住宅で、おじいちゃんおばあちゃんの前で民謡や演歌をやってみると、やはり、何とかこの人たちを楽しませたいということが出てくる。簡単に言うと、ちゃんと芸をやりたいなと。それまでの「パンク」とか「ロック」とか、そういう言葉に甘えて「アートや!」って言ってる感じが自分の中から吹っ飛んだというか。もちろんアートも大事。ただ、そういった逡巡が28〜29歳の自分にとっては大事で。忘れがたい出会いが’95年〜’96年頃にたくさんあってね。避難所、仮設住宅、復興住宅、障害者イベント、寄せ場等々、’90年代後半、数年間に200発以上の出前ライヴをやって。あの活動がなかったら、今頃、俺、踏ん反り返ってたんじゃない? J-ROCKのプロデューサーか何かになって。(笑) 震災一週間後にメンバーのヒデ坊(伊丹英子)が「避難所に歌いに行こう」って言い始めたところからすべては始まった。真の音楽の旅が始まった。しかも終わった後に下手くそな民謡を歌ってるのに、おばあちゃん達から「本当に良かった!」とか言われまくったら、「マズい!練習しよ」ってことになるよね。(笑)

     

    —いろんなアーティストが東北に行ってましたが、他のアーティストにはない自分だけの復興支援とは何でしょうか?
    中川:  阪神淡路大震災の時に、頻繁に神戸で出会ったアーティストは、ほとんどが上の世代の「芸能界」の人たちやった。当時俺らは二十代後半でね。で、俺、パンク・バンドにこそ来て欲しいなっていう感覚が当時すごくあって。今回、東日本大震災の当初、Twitterとかやってるからすぐに情報がやって来て、ハードコア・バンド“SLANG”のKOたちや“BRAHMAN”のTOSHI-LOWたちが支援物資で動き始める。そういやTOSHI-LOWにはすぐ電話したな。きたな!っていう感じがあってね。“アジカン”のゴッチなんかも早い段階からマメな発信を始めてたし。下の世代のいろんなミュージシャンが東北に関して動きまくったことが、俺は本当にうれしかった。特にパンク・バンドは普段から全国を機材車で回ってるから、人脈も太いし、スピーディーにあらゆる職種の人間が動く。心強かった。今回の熊本・大分も、連中、動き出してるしね。素晴らしい。

     

    —阪神淡路大震災の情景を見て作られた<満月の夕(ゆうべ)>ですが、出前ライブではたくさん唄ってると思います。その中での思い出エピソードはありますか?
    中川:  それキリがない。(笑) ’95年当初は単なる新曲の1曲としてしか扱ってなかった。いろんな人が歌ってくれて、徐々にあの曲が複合的な意味を持ち始めたっていう。ひとつ忘れられない話があってね。’97年ぐらいに知り合いのNHKのディレクターが神戸に取材で入って、後から聞いてんけど、有線で<満月の夕>がかかってる時に、小学生低学年ぐらいの子が彼に走って近づいて来て、「この曲おっちゃん、何の曲か知ってる?」「なにー?」って聞いたら、「僕らの歌やねん」って言った、という話。その一言をそのディレクターから聞いた時に「おお、大ヒットやん!」って。売り上げじゃない形での大ヒット。嬉しかったね。カバーをしてくれるミュージシャンも現れてきて、「もしかしていい曲かも」っていう感じになっていく。

     

    —先日急死してしまったプリンスについて、一言お願いします。
    中川:  出てきた当時、すごかったよ。JB、スライ、P-FUNKの系譜の上に、大型新人登場!っていう感じやった。早すぎ。寂しいね。デヴィッド・ボウイとプリンスの後はしっかり俺が引き継いでいかなあかん。(笑)

     

    —大型新人フォーク歌手の中川敬さん、本日は本当お疲れさまでした!
    中川:  阿波の国の皆さん、ほんまにありがとう! また来ます!

     

     

    13059417_878773662233550_342837396_n

     

     

    ■中川敬
    ロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のフロントマン。2016年4月23日に栄町Live&Bar Funky Chickenにてsupported by WOELD EXOTICA 「ソウルフラワー中川敬・生誕半世紀祭」で初徳島公演を果たした。
    ●ソウル・フラワー・ユニオン公式サイト   http://www.breast.co.jp/soulflower/
    ●ソウル・フラワー・ユニオン公式 TWITTER  https://twitter.com/soulflowerunion

     

     

  • BEAT CRUISE VOL.3 チケット発売開始!

    2016.06.04(sat)

    ワールドエキゾチカが、いま最も注目すべきアーティストを独自の切り口でナビゲートする音楽イベント「ビートクルーズ」が今年も開催決定!チケットは下記販売協力店にて6月4日より下記販売店にて発売開始です。80枚限定プレミアムライブにつき、チケットのお求めはお早めに!

     

     

    WORLD EXOTICA presents
    BEAT CRUISE VOL.3


    2016.7.23[sat]
    OPEN / START 19:00-
    at Funky Chicken(徳島県徳島市栄町1-50 言問ビル2F)
    TICKET:¥4, 000[オールスタンディング]
    入場時1ドリンク代として別途500円必要
     
    ビートクルーズ・第3弾PICK UPアーティストは、スカ、レゲエ、ラテン音楽をはじめ、怪しくも粋でいなせな極楽無国籍音楽を得意とする, ナニワのサックス奏者浦朋恵率いる“浦朋恵&THE FUN BOY FIVE”。そして、ソニーウォークマンのCMで楽曲が使用されるなど、話題沸騰中の実力派エンタメ・ジャズバンド“カルメラ”が、ニューアルバムを引っ 提げ、BEAT CRUISEに初登場! この豪華な2バンドによるプレミアムライブは先着80名限定ライブとなります。皆さまこの機会をお見逃しなく!
     
    ●LIVE出演
    浦朋恵 & THE FUN BOY FIVE
    カルメラ
    INDECISION
     
    ●DJ出演
    AOKI MASARU
    NAONOBU YOSHIDA

     

     

    poster0517
     


    浦朋恵 & THE FUN BOY FIVE
    浦朋恵:Baritone Sax, Clarinet & Vocal

    金子鉄心:Tenor Sax

    エマーソン北村 [Theatre Brook]:Keyboards

    秋廣真一郎, [THE DREAMLETS, 川上つよしと彼のムードメイカーズ:Guitar

    伊藤慎也 [THE CONQUER ROCKS]:Bass

    森俊也 [ex. ROCKING TIME, ECHO UNITED ORCHESTRA]:Drums

     

    1981年12月3日岐阜県生まれ。 バリトン・サックス、クラリネット奏者/作曲家。12歳からクラリネット、後にサックスを演奏しはじめる。2005年頃よりバリトン・サックスをメイン楽 器に持ち替え、1940〜50年代のリズム&ブルースやラテン音楽、ジャマイカのスカやレゲエに影響を受けた独自のエキゾチックな音楽を演奏し始める。 EGO-WRAPPIN’、川本真琴、ムッシュかまやつ、ハナレグミ、cero、伊東ゆかり、チチ松村などのライブ、レコーディングにも参加。2014年 には「フジロック・フェスティバル」に出演。2015年、通算4作目となるソロ・アルバム『ナツメヤシの指』P-Vineからリリース。各方面から好評を 得る。大阪在住。
    Official Web Site: www.uratomoe.com
     


    カルメラ
    西崎ゴウシ伝説:Agitate, Trumpet, Percussion, Guitar

    小林洋介:Trumpet, Flugelhorn

    辻本美博:Alto Sax

    たなせゆうや:Trombone

    PAKshin:Piano, Organ, Keyboard

    宮本敦:Guitar

    HIDEYAN:Bass

    西井”いがっちょ”啓介:Drums


    「SUMMER SONIC」への出演や、福岡大型ビーチ・フェス「Sunset Live」へ5年連続出場も果たした、大阪発エンタメ・ジャズバンド。ポップス、ジャズ、サンバ、ラテン、ロックなど、あらゆるジャンルを時に楽しく、時 に切なく、大阪ライクにクロスオーバーする8人組。演奏力の高さに加え、全員が関西人で構成されたメンバーならではのエンタメ感満載のライブ演出は、近年 のリピーターの増加が人気を物語っている。ライブのキラーチューンである「犬、逃げた。 -ver.2.0-」が、「h.ear × WALKMAN(R)」(ソニーマーケティング株式会社)のテレビCMソングに起用されている。2016年3月に日本最高峰のジャズクラブ“BLUE NOTE TOKYO”で、異例の抜擢となるワンマンの開催を果たした。
    Official Web Site: www.calmera.jp

     

     

    flyer0517
     


    ■INFORMATION: 光陽眼鏡店 Tel:088-626-1001 徳島県徳島市仲之町1-27-2
    ■チケット取扱店: 光陽眼鏡店 / Funky Chicken / Bar Recorute / とくしまマルシェHOME / cue! / 骨付き阿波尾鶏 一鴻 / CINDERELLA12 / bar foundation / グルメたべ作 / sumiyoshi 4丁目 COFFEE STAND!!

    ■企業サポーター: 光陽眼鏡店 / Trattoria Cafe Bar Fiotto / カプリチョーザ フジグラン北島店 / Bar Trinta / 吉田商事株式会社 / Log Bar PARCHE / arce / zue works / 居酒屋 酒猫 / 上勝町谷口バス停横 喫茶いくみ

    ■主催・企画制作: ワールドエキゾチカ Official Website http://worldexotica.net

    ■制作協力: 光陽眼鏡店 / 有限会社データプロ / とくしまマルシェ / 株式会社SPEC / BAR Recorute / hama dental office
    ■後援: NPO法人阿波まち活性協議会 / NPO法人アクア・チッタ
     
    ■災害支援プロジェクト TAKE ACTION!
    *当日イベント会場では、「TAKE ACTION! 熊本地震チャリティー募金箱」を設置させいていただきます。皆さまのご支援を宜しくお願い致します。これにより集まった募金は、支援活動を行っている団体へと全額寄付させていただきます。

    特設 Web Site: https://www.facebook.com/TakeAction.since2011/

     

    ●20歳未満の方のご入場は固くお断りします。●飲食物、法律で禁じられている物の持ち込みは禁止しております。●貴重品等の管理は自己責任でお願い致します。●アーティストの演奏を妨げる行為、他のお客様にご迷惑となる行為はご遠慮ください。公演中止、又はご退場頂く場合がございます。●都合により相応な範囲で当日の内容を一部変更することがあります。出演者の変更及びキャンセル、出演時間やステージの変更に伴うチケットの払戻し等は一切致しません。●天災時等、やむを得ない理由により中止となった場合、本イベントの中止に伴う、会場までの旅費等(キャンセル料)の保障は一切致しません。●イベント途中で中止となった場合の払戻しは一切致しません。●チケットはいかなる場合(紛失、焼失、破損等)に関わらず再発行は行いませんので、公演終了まで大切に保管してください。

  • 「ビートクルーズ」が今年も開催決定!

    2016.05.26(thu)

    BEAT CRUISE 第3弾 開催決定!

     

    ワールドエキゾチカが、いま最も注目すべきアーティストを独自の切り口でナビゲートする音楽イベント「ビートクルーズ」。第3弾の開催が7月23日(土)に決定いたしました。 詳細は近日発表。乞うご期待!

     

     

    ƒr[ƒNƒ‹_’m”­•2

  • 災害支援プロジェクト「TAKE ACTION!」 熊本震災チャリティーイベント開催決定

    2016.05.10(tue)

    災害支援プロジェクト「TAKE ACTION!」の呼びかけで、徳島音楽シーンが結束し、熊本震災チャリティーイベントを開催!

     

    この度、熊本県を中心に発生した一連の地震により被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。この地震により被災された皆様の地震災害支援と致しまして、「災害支援プロジェクト TAKE ACTION! 熊本地震チャリティーイベント」を、しんまちボードウォーク&水際公園にて開催することとなりました。これらにより集まった支援金は、熊本地震の支援活動を行っている団体へと全額寄付させていただきます。

     

     

    A2poster_cs4

     

    ■趣旨:毎月最終日曜日にしんまちボードウォーク&水際公園周辺にて開催している産直市「とくしまマルシェ」と、徳島で音楽イベントを主催する「ワールドエキゾチカ」の共同主催による災害支援プロジェクト。地元ミュージシャンやダンサーの協力を仰ぎ、エンターテインメント性に付加価値を付け、徳島のNPO団体、企業、メディア、個人ボランティア及び災害復興支援団体と一致団結し、より大きなアプローチで熊本地震チャリティーイベントを開催。イベント当日は会場各所にて募金箱を設置致します。

     

    「TAKE ACTION!」とは?

    平成23年度東日本大震災の発生直後に、「ワールドエキゾチカ」の呼びかけにより発足された復興支援プロジェクトの名称。この時に集まった義援金は “募金総額¥909,399”。2011年5月24日に皆様を代表し日本赤十字社徳島支部へ募金させていただきました。

     

    ■日時:2016年5月29日[日]START 9:00-19:00

     

    ■会場:しんまちボードウォーク&水際公園(徳島県徳島市南内町、JR徳島駅から徒歩7分)
    ※雨天決行(雨の場合は会場を万代中央ふ頭「第二倉庫アクア・チッタ」に変更)
    第二倉庫アクア・チッタ: TEL:088-679-8001(徳島県徳島市万代町5-71-4)

     

    ■入場無料

     

    ■INFORMATION:TAKE ACTION! 実行委員会(とくしまマルシェHOME内)
    TEL:088-657-0052 徳島県徳島市東船場2-31 吉成ビル1F

     

    ■出演:
    ●アコースティック・ステージ(9:00-15:00)
    スイート&ビター / 木村くんとへいぞうくん / 井ノ上陽水 / いつか和 / 桑平真澄 / 小泉満誉 / 菊池よしき / 三橋祐太 / Y溝口 / Go Jean Paul / 吉野川遊園地 etc.
    ●バンド・ステージ(11:00-19:00)
    マイティークラウズ / Moondog Elegante / gumbo & ruli’s / Moonshine / Nuages Blew / BAND×BAND / Ippu / steelband Pendre / FHG / THE LEVEL CHOPPERS / 54’s & シャンブル / fuzzy Apple Store / THE NINJA / SILVERWIGS / アモパズ (フラメンコ) / 虎翔連(阿波踊り) etc.

     

    ■募金箱設置協力店: とくしまマルシェHOME / CINDERELLA12 / 中村靴店 / monde jacomo / HIRAOKA / hama dental office / わかたけ / 居酒屋虎翔 / 光陽眼鏡店 / リトル・ガリバー業務用食品スーパー タクト店 / うまいんじょ処 魚や / Live&Bar Funky Chicken / SOUND SPACE Fun / うどん工房名麺堂 / チャーリーブラウン金沢店 / TK2006 / NPO法人ALIVE LAB / Bar パンプキン / ササクラ・スポーツ / 二輪用品ショップ 南海部品 徳島店

     

    ■主催・企画制作: ワールドエキゾチカ / とくしまマルシェ

     

    ■協力: NPO法人阿波まち活性協議会 / NPO法人アクア・チッタ / NPO法人ALIVE LAB / NPO法人フェローシップ77 / 災害復興支援ボランティア ダッシュ隊徳島 / 一般社団法人災害復興協議会 ダッシュ隊大阪 / 災害要援護者救援 レスキューアシスト / GOOD NEIGHBORS KAGOSHIMA / 徳島インディゴソックス /(株)東阿波ケーブルテレビ / 柏木デザイン事務所 / Gate Music / 大野海苔株式会社 / 株式会社ワーク・サイン / 株式会社ハルカーステーション / Live&Bar Funky Chicken / GOODNESS team / アコギの日々 / 48年会 / 平成元年会 etc.

     

    ƒvƒŠƒ“ƒg A4_2面

  • 4/23熊本震災募金のご報告

    2016.05.03(tue)

    13048098_869837569812215_8343399820577960690_o

     

    2016年4月23日(土)”ソウルフラワー中川敬・生誕半世紀祭「徳島篇」”にご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

    ライブ会場にてご協力いただきました募金総額は17,808円となります。

    この募金は、平成23年東日本大震災の発生直後にワールドエキゾチカ主催により発足された、復興支援プロジェクト「TAKE ACTION!」を通じ、被災地で活動する災害支援団体に全額寄付致します。

     

    ご協力、ありがとうございました。

     

    TAKE ACTION! 実行委員会
    TEL:088-657-0052(とくしまマルシェHOME内)

     
     
  • 4/23当日券について

    2016.04.23(sat)
    【当日券について】
     
    そld
     
     本日、”ソウルフラワー中川敬・生誕半世紀祭「徳島篇」”を栄町Live&Bar Funky Chickenにて開催いたします!
    前売りチケットはお陰様で完売いたしました。ありがとうございました。
     
     当日券については、協議の末、誠に申し訳ございませんが打ち切らせていただきます。お客様の安全を考慮し、決定いたしました。ご了承くださいませ。
     
    今後とも、WORLD EXOITCAをよろしくお願い申し上げます。
     
     
  • 4/23チケット販売終了しました

    2016.04.22(fri)

    そld

     

    【チケット販売終了しました】
    ソウルフラワー中川敬・生誕半世紀祭「徳島篇」のライブチケットは完売いたしました。皆様ありがとうございます。

    なお、当日券の発券については現在協議中です。明日の正午に発表いたしますので、お待ちください。